2015年10月29日

佐倉草ぶえの丘

佐倉草ぶえの丘 (千葉県)

DSC_0677.JPG

本当に久しぶりに自然の香りにつつまれながらBBQを楽しみました。
普段忙しすぎる毎日、ゆっくりと時間を過ごすなんて感覚をすっかり忘れていたけれどリフレッシュ出来たわぁ〜

特にそれが大好きな人と一緒だとなおさらのこと。
イベントの実施から記事を書くまでに時間が空いちゃったけれど・・・
千葉県佐倉市にある佐倉草ぶえの丘を訪れました。

実は、こんな施設があること自体わたくしは存じ上げなかったのですが、わたくしがファンクラブに所属する大好きな女性シンガーソングライター大和姫呂未のファンクラブイベント、芋ほり&BBQイベントがこちらで開催されたの。

IMG_1458.JPG

→ 大和姫呂未BBQ&芋掘りイベント2015記事

集合は草ぶえの丘正面口に午前10時30分。
YAHOO路線の時間通りのスケジュールで現地に向かうもバス出発に間に合わず。
(バスは1時間に2本程度)
タクシーで現地に向かったのです。

広大な施設は、季節によっては、楽しめるバラ園があり、常時家族で楽しめそうな動物とのふれあいコーナーや、アスレチックを常備しています。
自然がいっぱい!

DSC_0644.JPG DSC_0646.JPG DSC_0647.JPG

今回の目的は、芋ほりとBBQ。
全員集合した後に、まずは芋ほりコーナーに。

正面口からは、20分程と来園したことがある人から聞いていたのですが、それほど遠くは感じなかったなぁ・・・

芋畑は茎をカットして掘りやすいように、整備されております。

芋ほりに向かう.JPG 芋掘り.JPG DSC_0648.JPG 

1人3株を指定されて引っ張ると、すぐに取り出すことが出来るんですね。
あっという間にさつまいもがゴロゴロゲット出来たけれど、5分もかからないで終了。

芋ほり中.JPG Hiromi.JPG DSC_0653.JPG

だけど土に触れるなんて、本当に久しぶりだったので楽しかったわぁ・・・

DSC_0657.JPG

その後はBBQが出来るスペースに移動。
途中の草村には様々な農作物が植えてあり、さらに都心では見かけることのないゲジゲジやカイコと触れ合うことが出来て新鮮だったし・・・

DSC_0655.JPG

さてレンタルのBBQセットで火をおこし、食材を焼く。
周囲にいる方たちも同じファンクラブに所属する顔見知りの面々。

BBQ.JPG DSC_0678.JPG IMG_1484.JPG

調理をしながら、ゆっくりと食事を進行させ、会話する。
とっても素敵な時間ですね。

DSC_0683.JPG DSC_0700.JPG DSC_0675.JPG

自然の風を感じながら過ごすことが出来る素敵な癒しスポットでございました。

IMG_1477.JPG DSC_0690.JPG IMG_1452.JPG


10th Anniversary The Best
10th Anniversary The Best


  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。
posted by Kaolu T at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

大人が子供に戻る場所、清水公園

今週の日曜、お花見もかねて清水公園を訪れた。

清水公園案内図.jpg

今回の一番の目的はフィールドアスレチック

数年前にこの公園を訪れた際にはまだ子供たちが小さかったので、アスレチックを楽しんでいる人たちを横目で見ながらもいつかは自分たちもやってみたいなぁと思っていたんだ。

午前10時頃に現地に到着。
公園内の桜が美しく開いていて時折いたずらな風にピンクの雨を降らせている。

桜の花びら.jpg 清水公園船.jpg 桜の花.jpg

この清水公園はキッコーマングループとも関わりが深い叶迴H社が運営する自然公園なんだね。
てっきり今までは野田市か千葉県が運営しているのかと思っていたよ・・・

フィールドアスレチックのチケット売り場にはもう列が出来ている。
家族4人分のチケットを購入してコーナー内へ。
もちろんこの日は運動靴着用、着替えもしっかり車の中に用意しといたよ。
皮靴やサンダルでの入場は出来ないから注意してね!

でっかい船の模型がある広場で家から持参したコーヒーを飲んでからゼッケンをつけた後、いざ出発!

最初は比較的コースが平坦なファミリーコースからだいっ!・・・

事前にそれぞれのチェックポイントで自分の点数を採点するシートを受け取っているから、1種目終わるたびに、
2点最後まで出来た、1点途中まで出来た、0点出来なかった・・・
の点数をシートに記入していく。

ロープを頼りに壁を横渡りしたり、細い窮屈なロープのトンネルをくぐり抜けたり・・・

なんか子供に戻った感覚・・・わーい(嬉しい顔)

大人になると遊具で遊ぶって機会がほとんどないけど、童心を取り戻して大人も子供も一緒に楽しむことが出来る施設!

それなのに中には子供が挑戦するのをひたすらビデオカメラで追いかけていて参加しないご両親もいて・・・
せっかく入場料払ったのにもったいないなぁと人事ながら思ってしまったのだ。

清水公園滑り台.jpg 清水公園丸太渡り.jpg 清水公園ターザン.jpg

高い壁をよじ登りながら柵の外にふと目を向けると駐車場に入ろうとする車が列をつくっていて動かない・・・
相当の渋滞。

早めに到着してよかった!
11時を過ぎる頃になるとかなりの待ち時間だったよ!
(お花見の季節という理由もあるんだろうけど・・・)

最初はちゃんとコースの決められた順番通りに、しかも真面目にチェックシートで採点しながら進んでいたんだけど・・・

あまりにもポイント数が多く、似通ったものや渋滞しているポイントはパスして進行。
自己採点も途中で投げ出しちゃったよ。

肌寒い気候ではあったけど、やっぱり体を動かしていると、熱くなってくるよね!晴れ
上半身を2着の洋服でカバーしてきたことを後悔。

コースの中にはターザンのようにロープで水の向こう側に渡るなんてのもあって、スリルも味わえる。あせあせ(飛び散る汗)
子供たちは恐れをなしてターザンの真似ごとは出来なかったけど・・・

アリ地獄とよばれる傾斜のある大きなボウル内のランニングが息子は一番気に入ったみたい・・・
俺も結構この斜面ランニングは好きだけど、後半ずっと走りっぱなしでちょっとばててきたよ・・・    清水公園あり地獄.jpg

ファミリーコース全40ポイントを90分ほどで終了(途中抜かしたものもあるけど)させて広場に戻って昼食。
運動した後、青空の下で食べるおにぎりは美味しさ倍増さ!


一休みしてから今度は冒険コースに挑戦さ!
こちらも全40ポイントだけどファミリーコースよりは難易度が高くなっていてアダルトはこちらの方がより楽しめるんだろうなぁコース!
上る高さも、腕力も技術も先ほどのコースよりはランクアップ。

なので結構腕がパンパンの状態に・・・
しかも普段の生活でロープを握るって習慣は全くないから、
手の平が随分と痛くなってくるんだよ。ちっ(怒った顔)

丸太渡りなんかは座って進めばどうってことないけど、案内にあるように丸太にしがみ付いてイモムシのように進もうとするとくるっと丸太にぶら下がるようなポーズになって落ちちゃう。

これは・・・なかなか難かしいぞ・・・

だけど難かしいからこそ、出来た時は達成感があるし、楽しいんだよね!
(出来なかったポイントでは劣等感が残る・・・)

こちらのコースも疲れきって終了!


しばしの休憩の後・・・チキンな子供たちの大反対を押し切って水上コースに。

やっぱりここを訪れて水上コースを経験しなかったらもったいないでしょう!
一番度胸が試されるトライアルコース
このコースに恋人と訪れれば相手がどんな性格なのかおおよそ認識することが出来るでしょう。

全20ポイントの水上に設置されたコースは・・・
浮んだドラム缶をわたって向こう岸に行ったり、水上にかけられた木の橋を進んだり・・・ダッシュ(走り出すさま)

ただ難易度の高いポイントにはちゃんと迂回コースがあるから子供連れでも大丈夫。
うちのチキンキッズはずっと迂回コースだったもん。

清水公園地図.jpg アスレチック水上コース.jpg 清水公園水上.jpg

ファミリーコースにあった水上ターザンをより難かしくしたポイント・・・・・・俺も挑戦してみた。

勢いをつけてロープにぶら下がって数メートル先にあるネットに乗り移るというゲームなんだけど・・・
大失敗!

いったん足がネットにかかったんだけど固定出来なくてまた出発地に逆戻り。再度の挑戦でも同じ結果。
2回目はお尻を水上にスライドさせながら戻ってきたからパンツがびしょ濡れ・・・

チキンなキッズたちにカッコイイところを見せたかったんだけどね・・・
面目ない・・・・・・ふらふら

快い疲れを体に残しながら、アスレチックフィールドを後にする。
もうこの時点で腕と腰が筋肉痛なんですけど・・・


前回は中に入ったアクアベンチャー
花ファンタジア、
ポニー牧場なんかを外から歩きながら眺めてしばし散策。

清水公園アクア.jpg 清水公園川辺.jpg 清水公園のお寺.jpg

こんな広大敷地内にいろんな遊び場があるから、今度はここのキャンプ場で泊まってみたいねなんて話しながら帰路に着いたのでした。


しかしハンドルを握る腕がなんだか、動きにくいんですけど・・・・・・
   →もう1つの記事 アスレチックで筋力増強


  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。
posted by Kaolu T at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

YELLOW FIELD

まだ昨日の疲れがとれない・・・・・・いっぱい寝たのになんか眠いんだなぁ〜
やっぱり普段あんまり体を動かしてないと疲れやすくなっちゃうんだね。

土日は仲良し3家族旅行第2弾!
子供の幼稚園繋がりで仲良くなってたまに飲み会やら旅行などに行っているメンバー大人6人+子供5人。
前回→http://mixi.jp/view_diary.pl?id=267702159&owner_id=2347790
行き先は千葉県南房総市

午前11時に鋸山ロープウェイ乗り場に待ち合わせ。
http://www.town.kyonan.chiba.jp/
nokogiriyama/nokogiriyama.htm
かなりの観光客の数でロープウェイ定員の40人近くが乗り込む。
景色が小さくなっていくと同時に眼下により広がっていく海の緑。
あっと言う間に山頂に到着。
急な階段を数分をかけて上ると日本寺の入り口に到着。
見学コース往復90分って書いてあったけど、この中に入ってからが長いのかな?

旅行計画はすべて妻たちに任せてあったので男たちは実は旅行先に何があるのかあんまり知らないまま訪れているのだ。
入館料を支払って広大なエリアの急な階段を上り下り。
切取られた直角の岩肌の合間を抜けると目に飛び込んできたのは壮大な百尺観音。
6年を費やして岩肌に彫られたという巨大な壁画は荘厳で何かを語りかけてくるような表情。
”すげ!”ってやっぱり誰の口からも発せられるね。
そこからはるか上方に突き出した岩に向かって上る上る。
そこが地獄のぞき。足がすくみそうな絶景ポイント。記念写真を撮ってさらに進む。息が切れる。
ひとつとして同じ顔がないという千五百羅漢を見ながら急な階段を上る。
久しぶりにこんなに歩いたよ・・・足がちょっとぷるぷるしてきた・・・
あとでネットで調べたら日本一の参道は御影石で2639段もあるんだって!
・・・・・・・・・・・・
やっと日本最大の大仏様の前に辿り着いたんだけど、その感動より空腹と疲れの方が大きかったかも。t.jpg

確かにその壮大な姿には圧倒されたけど。
持参したおにぎりを食べてトイレを済ませてからロープウェイの乗り場に戻るためにまた歩き始めるんだけど、
相変わらすの急な階段がエンドレス・・・・・・だんだんみんな口数が減って”はぁ〜はぁ〜”としか言わなくなったよ。
友人の子供H君(4歳)は相変わらず俺になついているんだけど、公衆トイレに一緒に入ると いつも俺がおしっこしてるのを横でじっと見つめてるんだよね。(ちょうど水分の出口が彼の目の高さにある・・・)
往復90分って書いてあったけど、食事の時間を除いても2時間以上はかかっている気がするなぁ。

3時頃にはロープウェイで駐車場まで降り、それぞれの車で宿泊先へと向かう。
本日の宿はコンドミニアム・ホテル”グランビュー岩井”の2部屋コネクティング・ルーム。
http://www.grandview-iwai.com/
でっかい机を1部屋に運び込み夜の宴会の準備を少し進めた後にBEERで乾杯。
体動かした後のBEERはやっぱり美味いし、体に染み込んでくる感じ。
部屋は3階だったんだけど、夕方人口温泉に入浴するために着替えを持って12階へ。

このコンドミニアム・ホテルはマンションのようなつくりで浴場もマンションのドアを開けると、いきなり脱衣所と浴室があるという感じ。
海側の前面が窓になっていて、他の宿泊施設や民家の向こうには果てしなく続く海が伸びる。
あとで聞いたら女風呂にも目隠しになるようなものはないらしく、この周辺の思春期の少年たちは夜寝れないんだろうなって話してた。
浴場の中には2段で4人が座れるかわいいサイズのサウナルームがあり、サウナ好きな俺はサウナが苦手なももちゃんに子供を
お願いして一人でサウナルームに約10分。
頭がくらくらしてきたぞ。
砂時計の砂が下に落ちるまでいたら、なんかやばそうな感じがしたので、浴場を出たらふらふら・・・
部屋に戻ってバタンQ…そのまま20分仮眠いたしました。(大人の男3人はみんな仮眠)
いっぱい歩いた後&BEER飲んだ後のサウナって効くね・・・サウナルームが狭いことも関係あるかもしれないけど・・・

6時過ぎに家からもちこんだ電気コンロと食材で焼肉、鍋、焼きそば、ビール、焼酎、ワイン、日本酒(久保田)。
この3家族11人のうち5人が3月生まれ。
一応”誕生日おめでとう”との乾杯。
この晩餐で発見したことが3つ。
●焼肉のプレートに白菜をいためて食べると美味い。
●焼きそばに少量うどんをMIXすると楽しい。
●鍋で煮た豚肉を焼き肉のたれにつけて食べるとチャーシューのような味わい。

ある程度子供たちがお腹いっぱいになると、隣の部屋で遊んでいるからコネクティングのドアを閉めるとまるで大人6人で旅行にきた錯覚なんだよね。
こういう大人だけで盛り上がれる子連れ家族って俺にとって貴重。

11時を過ぎた頃にH君が眠くなってきたので隣の女部屋に布団をひく。
ひー君を寝かそうと隣に行ったひー君親のたまちゃんとあっちゃんが戻ってこない。
しばらくして見に行って見るとすっかり布団を抱いて眠りについておりました。
ちょっと待ってよ、俺まだまだ飲み足りないのに・・・
いつもの家飲みのときはみんな朝4時くらいまで飲んでるじゃん・・・
さらにしばらくするとひー君も起きてきて、男部屋ではももちゃん、きみちゃん夫婦もダウン。
結局俺たち夫婦2人と子供全員が起きているという事態に・・・
ちょっと起きようよ、まだ12時前だぜ!って起こそうとするもももちゃんは深い睡眠の中。
う〜ん、取り残されていくのって寂しい・・・・・・
みんな散々歩いたから疲れきっちゃったんだろうね。

結局諦めて12時頃には消灯。
・・・・・・・・・・・

朝は12階の風呂に入った後にごはんと味噌汁をつくって朝食。
CHECK OUTの後に近くの海岸まで歩いて、波遊び・・・
特に何をするってわけでもないんだけど、波の音と、冷たい水の感触は心をREFRESHしてくれる。
(大人で水に浸かったのは俺だけだけど・・・)
駐車場で濡れた衣服を着替えて、マザー牧場へと出発。
http://www.motherfarm.co.jp/index2.php
1時間ほどでマザー牧場に到着するも、ものすごい来園者の数で相当駐車場にはいるために並んだ。

ここって犬同伴で来園してる人がおおいんだね。
犬の入場料は500円とのことだけど、猫連れてきてる人もいなかったし、表示もなかった。
猫は同伴だめなのかな?うさぎは?亀は?

子豚のレースを見た後に昼食TIME.
PIZZAが食べたい人とマザー牧場名物ラムハンバーグサンドが食べたい2グループに分かれ、長蛇の列に並ぶ。
俺はもちろん珍しいラムのハンバーグサンドの方の列に・・・・・・
待つこと約30分やっと注文の番がまわってきた。
すると、”今日はラムハンバーグサンドは売り切れです。ソーセージサンドならありますけど・・・”
ちょちょっと・・・カウンターにでも書いて貼っておけよ!(心の声)
30分並んだ後にじゃあいいですって言えないじゃん・・・
PIZZAに並べばよかった・・・(涙)かなり美味しかったそうな・・・
でもこの時間(2時頃)に売り切れてしまうなんて、そもそもこのMENUあるんだろうか?
そう言えばずっと前にマザー牧場を訪れた際にもそう言われた気が・・・・・・
何10分も並んだ後に断ることはされないと思ってのおとりMENUなのではと疑ってしまった。

その後柵の向こう側にいるたくさんの牛たちに草を食べさせながら記念撮影。
}U[q.jpg
牛舎に移動して生まれたばかりの子牛たちを眺める。飽きないよねずっと見てても。
俺と同じ3月23日生まれの子牛がいたんだけど、なんか他人とは思えんかった。
まだ生まれて1週間位しかたってないのにたってるってのが野生の強さを感じる。

フリスビーゲームを競った後、300万本の菜の花が咲き誇る丘へ。
俺たちもそうだけど、みんないたるところで記念撮影してるからなかなか先に進めないんだ。
だけど一面の黄色はメルヘンの世界のようだったよ。
ずっとやってないけどスキーとかで行く見渡す限り白の世界の花=黄VERSIONって感じ。
鼻に優しく舞い込んでくる黄色い香り。.jpg


今回も楽しい旅行でございました。
きっと同じ場所でも好きな人たちと行くと余計に楽しい場所になるんだろうな。
やっぱり帰りの高速は渋滞だった・・・・・・・・・


posted by Kaolu T at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。