2023年03月19日

石川県旅行2023(2日目)

石川県旅行2023(2日目)

妻や家族にすっかり嫌われてしまったわたくし。
もう一緒には暮らせないと最終通告を受け、金沢の実家で現在生活しております。

以前から、そんな状態が続いていて、主に金沢に。
都内で仲のいい友達2人(女性)とも、と のぶ。

3人でたまに飲んでいたのですが・・・
一緒に金沢旅行したいね・・・
なんて話が盛り上がって、準備が進められていたの。

彼女たちは新幹線と宿を予約。
今回は石川旅行2日目のレポートです。

彼女たちが宿泊しているホテルから徒歩8分くらい。
ニコニコレンタカーに予約を入れていたの。
12時間借りて5000円ほど。

当日はなぎさドライブウェイを始めに能登を巡ろうと思っていたのです。

受付を済ませて、いざ出発。
お腹が空いているので、まずは近くのマクドナルドでモーニングをチャージ。

車にマイ携帯をつないでグーグルマップを起動。
千里浜なぎさドライブウェイと入力。

普段運転することのないわたくしは、最初緊張していたのですが・・・
すぐに慣れて快適なドライブタイム。

それにしても天気がよくてよかった!

50分程で、千里浜に到着です。

● 千里浜なぎさドライブウェイ


IMG_20230315_104410.jpg IMG_20230315_111245.jpg IMG_20230315_111850.jpg
IMG_20230315_105433.jpg IMG_20230315_111928.jpg IMG_20230315_111813.jpg

何度か家族で走行したことのある渚。
海岸線を車で走行することが出来る珍しいスポットです。

能登方面の左車線は、海側なので、水しぶきを少し上げながら、ゆっくりと進む。
風と波の音が日現実感をもたらしてくれる。
なんて、爽快なんでしょう!

途中で停車して、記念撮影。


● 道の駅のと千里浜

IMG_20230315_113159.jpg IMG_20230315_113226.jpg

ちょっとお腹が空いた・・・
そう思って立ち寄った道の駅ですが・・・
当日は休館。
ただ、外に展示されていた砂の壮大なアートは見ごたえがありましたわ。

次の目的地は少々距離があります。
山道のカーブを、くねくね進みながら進行。
そういえば、過去に家族と親せきで訪れた際も、こんな山道を長時間運転してたなぁ・・・
思い出すと、ちょっと寂しくはなる・・・


● 厳門

1679209883195.jpg 1679209700079.jpg 1679209677087.jpg
1679209715584.jpg 1679209773811.jpg 1679209677087.jpg 
山道を走行して1時間ちょいで到着。
コチラには、遊覧船があるのですが、当日は欠航。
目的地が複数あるわたくしたちには、その方がよかったかも。
欠航じゃなければ、やはり乗りたくなってしまいますからね。

遊覧船かつ軽食販売所である旅の駅厳門に立ち寄る。
ちょっと、なんか食べたい・・・
ということで、わたくしとノブは海の塩ソフトクリーム(350円)を注文。

IMG_20230315_124852.jpg

初めての味で、とってもおいしゅうございましたわ。

旅の駅厳門


海の色が濃いブルーで、とってもきれいなんですわ。
絶壁とのフレームは自然のアート。

以前訪れたのは、相当前なので、短いながらも洞窟があることを忘れていました。

最近TikTokでリアルタイム配信を始めたので・・・
景色を見ながら30分ほど景色をシェアしながら配信しながらの観光です。

らおる爺のTikTok



洞窟を出ると、厳門洞窟。
幅6メートル、高さ15メートル、奥行き60メートルの貫通洞門。
向こう側からの光が眩しくて美しいのよね。

ただ、そのアートを見渡せる海岸。
ペットボトルや、ごみがたっぷり捨てられていて・・・
なんで、こんな美しいPLACEを汚す人が多数いるのだろう?
そんな疑問は強く感じました。

次の目的地は白米千枚田。

● 白米千枚田

IMG_20230315_153403.jpg IMG_20230315_153846.jpg IMG_20230315_153112.jpg 

またまた山の中の急カーブ道路を進む。
でも、以前もそうだったよなぁ・・・

厳門でソフトクリームを食べたけれど・・・
かなり空腹。
途中、道の駅があると立ち寄るのだけれど・・・
ことごとく休業日。

空腹を我慢して到着した千枚田。


日本海に面して、小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、奥能登を代表する観光スポットとして親しまれている。
もっと緑が鮮やかな季節の方が見栄えは素敵なのだろうけれど・・・
それでも、海の色と田棚が同フレームに見えている映像は圧巻。

こちらには、休憩所が併設されており・・・

やっと何か食べられる・・・

千枚田ポケットパークで、揚げ物スナック、かかしとふぐおにぎりをオーダー。

→ 千枚田ポケットパーク

IMG_20230315_151512.jpg

めちゃくちゃ美味しかったです!

金沢に帰る道のり。
スケジュール通りに進んで余裕があったので、松本清張の”ゼロの焦点”のロケ地になった
ヤセの断崖に向かうことに。

● ヤセの断崖

1679209735294.jpg IMG_20230315_123929.jpg IMG_20230315_165534.jpg 

厳門で、奇跡の断崖を鑑賞した後だったので、
そこまでの感動はなかったけれど・・・
やはし美しいです。

さて、レンタカー返却の時間もあるし、夜は最終となるので、金沢に向かってギアをオン。

ただ、夕暮れ時になぎさドライイブウェイを通過すると、また違う光景が見られるかも。
そんなノブの提案で、出発地の千里浜を経由して帰ることに。


● なぎさドライブウェイ

1679209824283.jpg 1678951917024.jpg IMG_20230315_180700.jpg

夕暮れは、少し落ちた後だったのですが・・・
空からはピンクの光が放出されており・・・

波が、その光を反射して幻想的な色彩を奏でていたの。

過去、何度か千里浜はドライブしているけれど、こんな心意的な風景は初めての体験。
ラッセンの絵画のように鮮やかだけれど、変化するカラーは、まるで幻想の中にいるよう。

金沢方面はへの左方向は、海岸線とは少し離れているので・・・
何度か停車して、瞬間、エクスタシーを感じました。

写真はアップしますが、携帯のカメラでは、その魔力はとても伝えられないわけで・・・

興味のある方は、ぜひ、その目で見てほしいと思います。


金沢駅を目指します。
わたくし、最近、かなり視力が弱くなっているので、眼鏡をしていても運転は、かなり気を遣う状況に。

なんとか金沢までたどり着いたのですが・・・
ガソリンスタンドが見当たらない。

グーグル検索した近くのガスステーションが、ことごとくつぶれていたみたいで・・・

いったんニコニコレンタカーに戻ってガスSの場所を取材。

わたくしの実家のすぐ近くの場所でした。

ガソリンをいれるのに30分ロスしたものの、時間は20時30分。
車内で、候補にあがった金沢駅内の黒百合に移動。
金沢おでんをメインにサーブする人気店です。

ただ、到着した際には受付終了の案内が・・・
でも、なんとか入れました。

店内のお客さんがたて続に退転したことで、再度お客様の受け入れを再開したみたいです。

→ 黒百合

IMG_20230315_202639.jpg

あまり時間はなかったので、ゆっくり食事という感じではなかったけれど・・・
美味しかった・・・

金沢に最近住んでいるのに、金沢おでん、初体験だったのですわ。

ちなみに、当日のコースは、数年前、まだ家族の亀裂が大きくなかった頃に、
妻のお兄様家族と一緒に回ったのと、ほぼ同様のコース。

いろいろ思い出して、ちょっとセンチメンタルだったのだけれど・・・
ノブに、素敵な場所は、思い出を上書き(唯一のものではない場所)にしなくちゃといわれて・・・
確かにと納得致しました。








  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。
posted by Kaolu T at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml