2014年09月13日

ガラス館と雪の科学館

金沢の実家に帰省した夏休みの最終日は贅沢に一泊の温泉旅行を予約。

→ 加賀観光ホテルと屋形船 記事

金沢にある実家から宿泊先である片山津温泉に向かう途中で、いくつか観光スポットを回ることにしたの。

最初に到着したのが、わたくしの母のおすすめ。
世界のガラス館

大きなヨーロッパ調の建物が3つ。
知らなかったのですが、ガラス舘の他にもお菓子館、地ビール館の3つの施設が集合しているのですね。

加賀お菓子館.JPG ビール館.JPG

どの館も、販売がメインなので入場は無料。
ガラス館はファーストヴィジットなのにきたことがあるようなデジャヴー。

そう思ってガラス舘のパンフレットをみると、四国や福島にもあり、
わたくし福島の舘をずいぶん前に訪れたことがありました。

展示されているガラス正賓に照明がああたり、まるで宝石のようなきらめきが館内を包んでいるの。

ガラスのシャンデリア.JPG ガラス館.JPG ガラス館展示.JPG

実際にガラス製品をつくる工房の一部がガラス窓でみられるようになっているのも魅力。
実演工房.JPG


隣のお菓子舘には、石川県のお菓子や、干物などが展示販売されていて、お土産を購入するにはぴったりの場所よ。

加賀お菓子館.JPG 加賀お菓子館ツリー.JPG ビールケーキ.JPG

わたくしは友人へのおみやげにカニパイと、地ビールケーキを購入いたしました。
さらに隣に地ビール館は、地ビールがその場で飲めるビアレストラン。
地ビールって結構いいお値段がするんですね。
1本1000円近くするので、車で来てなくても、わたくしがテイスティングすることは出来なかったと思いますわ。

ビールの味そのもののビールソフトを食べてから、
BEER SOFT.JPG
両手に購入したお荷物をいっぱい掲げて、車に戻ります。
次に向かったのも、同じ流れの展示施設。

お城のような遠くからも発見しやすい観光地の名称は、御菓子城 加賀藩

建物の中には、こちらも複数のコンテンツ。
やはりお土産販売を中心にしたお菓子の城、

御菓子城.JPG

その2階は折り紙博物館が存在しているのだけれど、有料なので入り口前のオブジェだけを見学。
折り紙でつくったガーデンは、かなりの力作でしたぞ。

折り紙庭園.JPG

洋菓子から和菓子までいったい何千種類あるんだろう?と疑問に思うほど・・・
それらを自分で選んだ箱につめて購入することが出来るの。

迷路のような個室があるそば処、古久谷で食事、

★ そば処古九谷 (片山津)

DSC_0136.JPG 古久谷店内 (2).JPG 古久谷.JPG

人間国宝舘という建物もあったけれど、休舘中でした。

このお城を後にして、宿泊先に向かう前の最後の目的地、
中谷宇吉朗 雪の科学館へ。
雪の結晶をイメージした外観は近代的でおしゃれ。

雪の科学館表札.JPG 雪の科学館.JPG

館内はひんやりしていて、理研で雪の研究の第一人者となった中谷氏の歴史と雪の構造の説明などが展示されているのです。

様々な実験も行っていてくれて、実際に雪を拡大すると、あのようにみえるってことを再認識。

結晶サンプル.JPG 雪の科学館雪アップ.JPG 雪の結晶とKaolu.JPG

建物の中庭にはグリーンランド氷河の原と人工霧。
石の地表から、湯気が上に向かう状態はなんとも神秘的な光景だけれど、
これが冷たい煙じゃないところは少しテンションが下がる部分ではある。

グリーンランド氷河の原.JPG 


  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。
posted by Kaolu T at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405357246

この記事へのトラックバック
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml