2009年01月25日

アイスワールドのクリオネ

12月29日に金沢から上京した俺の両親とうちの家族4人の計6人でインターコンチネンタル横浜に宿泊したんだ。

目覚めたのは朝の9時頃。


ホテルのカーテンを開けられるともう目を閉じていられないよね。
昨夜部屋でのディナータイムの残り物と、ビールでの朝食。

朝からビールなんて普段絶対やらない行為だけど電車での移動だし、そのまま持って帰ると重いからね。

チェックアウトは昼の12時だから、のんびりとシャワーを浴びたりして過ごす。
11時半頃にチェックアウトした後は、ホテルからすぐ近くのコスモワールドを散策。

グランドマーク.JPG コスモワールドとタワー.JPG アトラクション.JPG

昨日歩いていて気になったアトラクション。
アイスワールドへ。

アイスワールド.JPG

このアイスワールドには以前も入ったことはあるけれど
俺が見たかったのはこの中に展示されていたクリオネ
話ではよく聞くけど実際その姿を見たことがない。
それでこんな機会ないからとみんなを説得してIN!

(期間限定かもしれないから入館する際にはチェックしてね)

入館料1人500円を支払う。
うちの家族で2000円。
ちょっと高すぎる設定ではあるよね。

このクリオネの展示がなかったら絶対に入らないと思うし。


入り口を入ったすぐのところに大き目の水槽があって小さなクリオネがたくさん泳いでおりました。

kurione.JPG クリオネアップ.JPG 透明なクリオネ.JPG

流氷の天使」と呼ばれるクリオネは、巻き貝の仲間。
貝殻を持たない珍しい貝なのですね。

体は半透明でくっきりとした赤い部分が消化器官なんだそう。
凍るような冷たい海にしか生息しない貝だからアイスワールドで展示されているわけ。

子供たちと妻はクリオネを人目見るとさっさと先に進む。
お〜い!せっかくなんだからもっとゆっくり見ようよ!

氷で作られたオブジェやブロックが通路を囲むんだけど、中は狭いから
入館して5分も経たないうちにOUT.
だからもっとゆっくり見ようって言ったじゃん。

氷の暖炉.JPG 氷のペンギン.JPG 氷のクロス.JPG


コスモワールドの乗り物で子供が遊ぶのを眺めてから・・・
みなとみらい駅へ。

両親が予約した近畿日本ツーリストの宿泊ツアー(といってもほぼ宿泊のみだけど・・・)にはサービス券がついていていくつかのチケットが付属していてその中から1人1枚無料で利用することが出来る。

シーバスの片道券だったり・・・デザート券だったり・・・
で俺たちが選んだのは中華街の肉まん。
招福門という中華街の人気店の肉まんかふかひれまんを一人1個受け取ることが出来るんだ。

中華街駅に到着。
昔はこんなところまで沿線が延びていなかったから関内か石川町から歩くかバスに乗るしかなかったんだけど・・・便利になったよね。

招福門は長い行列をつくる超人気店!
30人以上の方が列をつくって店に入るのを待っていたけど店の外の売店は待ち時間なし。
引換券を渡すとすぐにほかほかの饅頭を渡してくれました。

招福門.JPG 肉まん.JPG ふかひれまん.JPG

俺はふかひれまんを選んだけど相当にふっくらしていて海老もたっぷり!
おいしゅうございました。

山下公園を少しぶらついて、伊勢崎町の商店街をうろついて帰路に。
横浜って何回訪れても素敵な街だよね。船と鳩.JPG








  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。



posted by Kaolu T at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml