2008年12月31日

旅の思い出

先日妻と2泊3日で台湾に出かけてきた。
歴史的な建造物や世界一の高層タワーを観光して初めて体験する刺激に興奮したんだ。

だけど後で旅行を振りかえって話すとき、以外にも話題は現地にいた人のことばかり。

あのお寺すごかったよね!あの窓からの景色は壮大だったなぁ〜
という思い出話はうちの場合はあんまり登場しない。

あのガイドさんせっかちだったね!あのお土産屋さんの店員さん面白かったね。
なんか人に関する話題ばかり。

やっぱり人って印象に残るよね。

景色や文化背景ももちろん印象に残るけれど、
実際に見ただけじゃなくてやりとりをした人に関しての印象がより強くインプットされるんだ。

今回の旅行も魅力的な人たちといっぱい出会いました。

やたらとチタンのネックレスの購入を勧めるせっかちだけど美術への知識が深い現地ガイドのGさん。

道に迷っていたらわざわざバイクを止めて”Can I help you?"と地図を見てくれた若いおにいちゃん。

さらにその後日本語がペラペラでホテルまで自転車で一緒に住所を探してくれたおばちゃん。

料理店の河合俊一似の親切な店員さん。

同じオプショナルツアーに参加した3組のおじちゃま、おばちゃま夫婦。(日本人)

ツアーの午後から俺たちを案内してくれたおばちゃんガイドは反政府デモでごったがえす通りをボディーガードのように妻を守ってくれたし。

帰りの飛行機で隣に座った台北在住の若い女性Lさん。

みんなみんな素敵な方だったよ。
こういう出会いが旅の大きな魅力って俺は思うんだよね。


来年もよろしくお願い致します。


  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。


ラベル:旅の思い出 台湾
posted by Kaolu T at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行に関して思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。