2008年10月26日

世界で一番天空に近い場所

もっといたいわん!C


俺達夫婦2人のためにガイドさんと運転手さんがいるなんて、なんともゴージャスな待遇!
車の窓から台北の街並みを眺めながら國立台灣民主紀念館に向かいます。
それにしてもラッピングバスとバイクがやたらと多いなぁ・・・・・・

〇 國立台灣民主紀念館

主民.JPG 記念館内部.JPG 國立台灣民主紀念館.JPG
こちらも広大な敷地に建てられた広大な建築物。
中華民国の初代総統である蒋介石の死を偲んでに建てられた記念堂なんだそうです。
蒋介石の写真や資料があちこちに展示されている。
高さ6.3mの蒋介石の座像はそれは大迫力で、多くの人々に尊敬されていたことを察することが出来る。

しかし、ガイドブックなんかでは事前に写真をみていたんだけど、やっぱり実際に目で見ると全然インパクトが違うよね!
こんなにも歴史的な意味を持つ観光地めぐりが楽しいとは思わなかったもん。

目を奪うような建築様式の建物を車中から眺めながら今度は龍山寺に向かう。
ところが近隣は旗を掲げた多くの民衆で道がふさがっている。
なんでも野党のデモ集会が行なわれるそうで、多くの政府に不満を持った人々が行進している状況だったのだ。
もちろん車で目的地までたどり着くことは出来なくなって大混雑の人々の間をぬって歩くことに。 デモ.JPG
ガイドさんが必死になって周囲を見ながら妻を守ってくれました。
ボディーガードのようだった・・・
ただでさえ暑い日だったのに、人々の熱気で汗がぽたぽた・・・
なんとか到着して中に入れたよ。

〇 龍山寺

龍山寺周辺.JPG 龍山寺の水.JPG 龍山寺.JPG

台湾で一番古いお寺だそう。
無料で線香を受け取りそれぞれの神前でおまいりをしてから線香を所定の場所に投げ入れるんだ。

それぞれの神様には得意分野があって、よく説明を聞かなかった俺は妻がいるのに良縁の神様にもお参りしていたらしい・・・・・・

DUTY FREE SHOPによってから、近くの地下鉄の駅まで送ってもらった。
ドライバーもガイドさんも素敵な人だったなぁ・・・・・・


夫婦2人だけになって世界一の高層ビル 台北101ビルに向かう。
台湾の地下鉄ってお金をいれるとプラスチック製の軽いメダルみたいなのが出てきてこれが切符になるんだ。
なんかゲームセンターにいるような気分。
地下鉄路線を乗り換えて市政府駅で下車。

市政府.JPG 地下鉄.JPG 台湾の乗車コイン.JPG


ガイドさんに教えてもらった通り無料のシャトルバスに乗り込みます。

〇 台北101ビル

バスを下りるとそこはもうビルの入り口。
101外観.JPG 101説明.JPG 101ビル.JPG



近くから高層タワーの外観を見ることもなく、エスカレーターで展望台行きのエレベーターがある五階を目指す。

ロビー.JPG 101からの景色.JPG ファッションショー.JPG

五階の天井は吹き抜けのようになっていて、とにかく近代的でお洒落な空間!
1階ではファッションショーも開催されていて興味をみったんだけど、妻に見に行こうと相談したら却下されました。
入場料を購入して荷物を無料ロッカーに入れた後にエレベーターに乗り込む。
101階建てのの89階に展望台は存在します。
どうせなら101階にあるといいのに・・・と思うのはあたしだけ???

MOL013.ASF ←101からの景色

超高速エレベーターは分速1010m、
5階から89階までの所要時間は、わずか37秒!!!ギネスブックにも登録されてるんだって。
早すぎ・・・・・・

とにかく絶景!
台北の市内が一望!
夕方になってきて車のライトがともる時間になるとまた表情が少し変化したり・・・
バイクがいっぱい走行しているので1個のライトがたくさん、小さく進んでいて、まるで蛍が移動しているように見えるんだ。
屋外にも展望台があるんだけど、残念なことにこの日は悪天候のため(?)外にはだしてもらえなかったよ・・・
俺そういうこと多いんだよなぁ〜・・・・・・

88階には建物の揺れのバランスを保つ世界最大のウインドダンパーを間近で見ることが出来る。
こんなのビルの中央に設置されているのね。
ウインドダンパー.JPG 巨人.JPG DFS.JPG


まだ明るいうちに外からこの台北101ビルの全景を見たいと思ってエレベーターを降りて外に出たんだけど
こんだけ高いと相当ビルから離れないと全部を写真におさめることが出来ないんだよね。

公園のベンチに横になって写真を撮ったよ。

昨日も今日も結構歩いたから妻はかなりのお疲れモード。
だけど今日が台湾旅行の観光最終日。

まだホテルに帰るわけには行かない・・・・・・

続く・・・・・・・・・



  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。

posted by Kaolu T at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108640422

この記事へのトラックバック
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml