2016年06月24日

玉コンニャク

玉コンニャク (山形県)

玉こん.JPG

わたくし、コンニャクって昔から、どちらかというと嫌いな食べ物だったの。

食べられないことはないのだけれど、嫌いな素材はまず最初に処理を行うのが習慣になっていて・・・
豚汁のコンニャクは、最初に複数口の中に放り込んで、あまり味わうことなく流し込んでいた。

ところが、こんなに美味しい!と思わせてくれるコンニャクがあったなんて存じ上げませんでしたわ。
見かけは、まるで里芋のような玉コンニャク。

山形の郷土料理なのね!
道理で今まで見かけたことがなかった。

フィアンセの実家である山形を訪れたフレンドの最上さんがお土産に買ってきてくれたものなの。

丸いこんにゃくを醤油入りのダシで煮込んだもので、軽い食感の奥にじんわりとしたダシが浸みこんでいて
今まで味わったことのない食感とテイストだったのです。

普通の一般的にコンニャクとよばれる商品とは濃度が違うのかな?
ライトな食感が、濃いめの味付けをあっさりと演出しております。




これは,好きな食べもの。

従来は日本の歌謡曲に、まるで興味をもたなかったわたくしが、アベトモの”チョット!チョット!チョット!を聴いて、こんな日本的なPOPSもいいかも。
そう思った流れにも似ている気もする。

チョット!チョット!チョット!
チョット!チョット!チョット!


  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。
posted by Kaolu T at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方の美味いもの! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

ホテルで決まる旅の後味

初めて宿泊するホテルが、予想していたよりもグレードが高いと、随分とハッピー気分が増殖しちゃうものですよね?

京都 126.JPG

数か月前の話になるけれど・・・久しぶりに家族旅行に出かけてきました。
観光先は京都。

→ 霊山歴史館と近代日本の夜明け

娘が日本史に、とっても興味を持っていて、ドラマや書籍で語られる、その史実が展開された現場を目撃したかったのが、この地を選んだ理由です。

でも旅行って随分と前から計画して予約するべきだったね。
1人旅なら、どうにだったなるかもしれないけれど・・・
マイ家族4人+マイ両親2人の計6名ともなると、ちゃんと宿泊施設を数週間前には決めておくべきだった。

2週間前に、いざ予約しようとネットで空き状況をリサーチすると、どこも満室。
春休みの期間だったから余計にハイシーズンですよね。

ところが、なんとか唯一予約が取れたのがこちらのホテル。
実は、選択から予約まで、全てハニーにお任せしていたし、彼女もそのホテルの名前を聞いたことがなかったようで・・・
駅前のしょぼいビジネスホテルだと予想していたの。

そのホテルとは京都駅前に立地する都ホテル
冷静に考えると、わたくしの出身地である金沢にも支店がある有名はチェーン。

京都 123.JPG    京都 124.JPG

金沢から京都に向かったマイ両親と夕食時に合流。
串揚げを食べた後に、到着したホテル。
なんかの間違い?

そう思う程美しくてスタイリッシュなエントランスホール。

両親曰く、

”都ホテルは一流やわいね・・・”

と、宿泊施設が、ここだったことに大喜び!

部屋に通された更にサプライズ。
計6人なので3人ずつ2部屋をセッティングしたのですが・・・
そんなに、お値段が高くない割には清潔でスタイリッシュ!

ここなら、快適な眠りが得られそう・・・

当たり前かもしれないけれど、マイハウスとは違って埃がまるで舞ってない・・・

特に部屋で何をしたってわけじゃないけれど、
やはりい心地のいい空間は、気分が全然異なります。

せっかく旅行先なわけだから、めいっぱい観光して宿は寝るだけ・・・
それで十分!そうわたくしは考えていたのだけれど、やはり、どこに泊まるかで、その旅の印象も大きく変わってくるものですわぁ・・・そう考えを改めたの。

マイ両親の満足度もかなりアップするのと比例してハニーの好感度も大きくアップしたのです。

都ホテル・・・気に入りましたわぁ・・・

翌朝は贅沢して全員でブレックファーストバイキング。

京都 128.JPG 京都 129.JPG 京都 131.JPG

お値段は決して安くはないし、全員で6人という経費を計算すると恐ろしく感じたりもしたのですが、美味しくて、素敵な時間でした。

カンファタブルなホテルで休むと、翌日の疲れも大きく軽減されていて、思い切り楽しめましたわよ!





  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。


posted by Kaolu T at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行に関して思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml