2021年01月10日

ナピラ

ナピラ(埼玉県本庄市)

ナピラ春巻き.jpg

ナピラって何?

お仕事で本庄に訪れた際に、東京に帰る前にトイレに行きたくなったわけで・・・
駅にはこじんまりしたビルが併設されていて、おしゃれな売店とレストランが。

IMG_2540.JPG

通路の奥にトイレがあって、用を足して通りかかって、この商品が気になったの。
CAFÉ TERASUBAの外壁に掲げてあるテイクアウトメニュー。

IMG_2539.JPG

その中に、ファーストサイトのメニュー、ナビラ春巻き
お値段は、税込み129円。

このお値段なら、ぜひその正体を確かめてみたい・・・
商品写真を見る限りでは、ご飯を春巻き風にしたものと推測出来るのですが・・・

ただ、129円の商品。
これだけ、購入出来るのか、不安を感じながら店内へ。

”すみません、ナビラ春巻き1個だけテイクアウトって可能ですか?”
”大丈夫です。”
129円を支払って、店内の席に座って待つように案内される。
こちらのお店は、注文が入ってから調理してくれるよう。

原宿の美容室のような洗練された空間。

IMG_2541.JPG

アクリル板なんかはないけれど、ゆったりスペースで密になるようなことはなさそうです。
あと、場所柄か、このコロナ渦でお客さんはいなかった・・・

129円の買い物で、こんなところに座らせてもらっていいの?
ちょっと恐縮しちゃいました。

10分ほど待って、温かいスナックを手渡される。
わたくしの長い人生初めてのナビラ。

店を出たところにある誰でも利用出来るのだろうと思える小さなカウンターで確認。
表面には海苔。
そして粉系を包んだスナック。

ナピラ春巻き.jpg

では、齧り付いてみる。

納豆だったんだ・・・

IMG_2545.JPG

サクサクした皮の中身は、ご飯と納豆とチーズ。
実は、わたくし納豆が好きではないの・・・

健康のために出されれば食べるけれど、食事コーナーの最初に片付ける味。
でも、臭みや、糸を引く感じはないんですよね。
意外にもチーズとは、かなりベストマッチ!

納豆嫌いな、わたくしでも、いける!と思わせてくれましhた。
納豆もチーズも、お好きな方は、相当に優れた商品だと思う!

ちなみに、そもそもナビラって?
ラジオDJ?
疑問をもって検索してみた。

正直、あまり情報がなかったので、浸透していないようですが・・・
ウィキペディアがあった!

引用させて頂きますね。

本庄市など埼玉県北部地域の喫茶店などで提供される料理[1]。名称は「納豆」「ピザ」「ライス」の頭文字をとったもので、略さずにそのまま『納豆ピザライス』とも呼ぶことも多い[1]。名前のとおり納豆を乗せたご飯の上に、ピザのようにチーズとベーコンや野菜などの具材を乗せて焼く[2]。手軽なレシピゆえに家庭でも気軽に調理が可能[1]。


だからナピラなのね・・・
納豆ピザライスのことで、こちらのお店では独自のアレンジを加えて春巻き風に仕上げているというわけ。

なぜ納豆なのかは、いまだに判明しておりませんが・・・
納豆が、他の食材。
例えば、コーン、他のビーンズとか挽肉だったりすれば・・・
わたくしは何度でも食べたくなる商品!

でも、納豆嫌いなわたくしでも、これは合う!
そう感じたわけで・・・
納豆嫌いではない方には、本当にお勧めなご当地グルメですわ!


カフェXテラスバカフェ / 本庄駅

テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.5







  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。

2020年11月06日

黒たまご

黒たまご (神奈川県)

IMG_2068.JPG

どこか他の惑星の石のように見えるコチラは茹で玉子。
箱根でポピュラーな食べ物のようです。
友達と旅行に行った娘が買ってきてくれました。

IMG_2067.JPG

温泉池で生卵をゆでると、気孔の多い殻に鉄分が付着し、これに硫化水素が反応して硫化鉄となり、黒い殻のゆで玉子ができあがるそうです。
延命祈願と記載されたパッケージ。
大涌谷には平安時代弘法大師によって作られたといわれている延命・子育ての「延命地蔵尊」というお地蔵様があり、このお地蔵様にあやかり「黒たまご」を食べると寿命が延びると言われるようになったんだとか。

殻を割ると普通の白い茹で玉子で味も通常のものと変わりはないように感じたのですが・・・

IMG_2074.JPG

お湯で作ったゆで卵と比較して、うまみ成分が20%ほど高いという研究結果もあるそうです。
箱根にお出かけの際は、ぜひお試しになってくださいね。






  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。

2020年10月29日

きざみ佃煮ゆば

きざみ佃煮ゆば(栃木)

IMG_1979.JPG

湯葉の佃煮初めて食しました。
息子が栃木に旅行して、お土産で買ってきてくれた商品。

湯葉って、あっさりした味わい・・・
さらに、ふんわりした儚い食品・・・
そんなイメージだったのですが・・・

佃煮にすると、全然違うんですね!

濃い味付けは、ご飯が、とっても進む君。

IMG_1980.JPG

今まで知らなかった調理法商品ですが・・・
結構販売している商店さん多いんですね!
まあ。これだけ美味しいんだから、広まるのは納得です。

わたくしが頂いたのは・・・和泉屋の商品。
お酒の肴としても、ぴったりの商品。
習慣的に食べたくなるお品です。

もし、あなたが湯葉が好きで、佃煮体験したことがないのなら・・・
めっちゃお勧めですわよ!



  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。

2020年09月18日

日比谷 OKUROJI

日比谷 OKUROJI

IMG_1623.JPG

あれっここって秋葉原?

一瞬自分がどこにいるのかわからなくなったの。
用事があって、新橋から銀座に向かって歩いている途中で・・・
秋葉原〜御徒町のJR高架下のストリート
AKI-OKAARTISANのようなお洒落通りが出現しているのをFOUND!

IMG_1621.JPG


全然知らなかった!
ジェイアール東日本都市開発が今月10日にOPENさせた高架下タウン。
予定時刻には、まだ猶予があったので、歩いてみました。

IMG_1626.JPG


長く続く1本道の左右には、真新しいショップが並び・・・
店頭には、開店を祝う花輪が彩を濃くしています。

IMG_1656.JPG IMG_1659.JPG

まだ、テナントが入っていないスペースも・・・
IMG_1628.JPG


飲食店が多いけれど、衣類やアクセサリー、スニーカーなどなど・・・
様々なカテゴリーのショップが溢れているの。

輝くような白い天井は高く、まるで未来都市に迷い込んだような錯覚を受けたり。

IMG_1632.JPG IMG_1657.JPG

その中のお洒落バーなんかでデートしたとすると
あなたのポイントもアップしそう・・・(笑)

長い通路の終点(帝国ホテル付近)には、人気ラーメン3店で形成されたラーメンアヴェニューが。
IMG_1631.JPG


このラーメンアヴェニューを含む数店のグルメエリアは日比谷グルメゾンと名付けられていて、7月に既にOPENしていたようです。

IMG_1634.JPG

金沢味噌ラーメン神千も入居していました。
わたくし金沢出身なのです。
このお店は存じ上げなかったのですが・・・
東京で、金沢の人気店の味を体験出来るのは嬉しいですわ。

こんなエリアでしっぽりと大人デート。
コロナ感染には十分注意しながら、楽しんで下さいね!

IMG_1655.JPG

とりあえず、デートとは無縁なわたくしは、ラーメン食べに行きます。


→ 金澤味噌ラーメン神仙 


IMG_1647.jpg












  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。
posted by Kaolu T at 20:09| Comment(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

メッツァ

メッツァ (埼玉)

IMG_9778.JPG

メッツァって何?

仕事の用件で訪問する先を行先をグーグルマップで調べたら・・・
飯能駅から、バスに乗って、メッツァ前で下車と指示されたの。

何かの施設なんだろうなぁ?

そう、わたくしは、この施設のことを、まるで存じ上げなかったんです。

平日の昼間、バスには中国人の赤ちゃん連れのカップルと、年配の男性が何名か。
途中停車するバスストップはなく、PASMOやスイカは下車時のみにピッピするシステム。

20分程乗車すると、広い駐車場がある施設前に到着しました。
サイドにはムーミンのイラストが・・・

IMG_9775.JPG

ムーミンイラストはあちこちにあるわけではなく、すぐには何の施設なのか分からない感じの落ち着いた空間。
でも、ムーミンに関連した施設であることは鈍いわたくしにも察しがつきました。

とりあえず、そこから15分程歩いて、仕事の用件を終えた後に、バスに乗るためにバックした前述のスペース。
せっかくなので、少し散歩することにしたの。

この場所にたまたま降り立ったというのは、ラッキーかもですからね。
実際、その場で撮影した写真をFACEBOOKにアップしたら・・・
行きたいのに、まだ行けていないんです。
みたいなコメントが数件。

かなり有名なスポットみたいですね。

メッツァとは、フィンランド語で”森”という意味だそうで。
ムーミンが住む森。

広大なスペース内に入場するために課金されることもなく・・・
自然の中に作られた日本を忘れる場所。

IMG_9781.JPG IMG_9779.JPG

大きな湖の前にはデッキチェアーが置かれ、温かい気候であれば、こちらに座ってのんびり会話を楽しんだり、お昼寝するのも心地よさそうです。
ただ、今は寒すぎるんので、風邪ひきそうだけどね。

IMG_9784.JPG IMG_9782.JPG


時期によっては、湖はカヌーで漕ぎ出すことも出来るみたい。

IMG_9787.JPG IMG_9786.JPG

レストランやショップの建物も、ムーミンがいる国っぽい濃い鮮やかな色合い。

IMG_9783.JPG IMG_9777.JPG

今回は仕事帰りで15分程で散策しただけなので、エリア内のほんの一部を目撃しただけですが・・・
ガイドマップを後ほど見てみると・・・
ムーミン世界は、もっともっと広がっていたんですね。

わたくしの視界に反映された景色だけでも、十分なスケールだと感じたのですが・・・

メッツァには2つのエリアがあるみたい。

メッツァビレッジと、ムーミンバレーパーク。
わたくしが散策したのはメッツァビレッジのみだったようで・・・
更に奥に進むと、ムーミン家族が住んでいる谷があるようです。

そこには、灯台、劇場、アスレチック、ムーミン屋敷、などなどが並んでいる。
こちらの方がメインエリアですね。

ムーミン好きな家族やカップルなら、めちゃくちゃテンション上がっちゃいそう。

肝心なエリアは未体験ですが・・・
わたくしが散策したメッツァは、ムーミン好きじゃなくても、ゆったりとした時間を自然の風の中で過ごせるステキなエリア。

こんな場所に出かけるのも、贅沢な楽しみなんじゃないかな


ムーミン谷とウィンターワンダーランド(吹替版) - 宮沢りえ(ムーミントロール), 神田沙也加(ナレーション), ヤクブ・ブロンスキ, イーラ・カーペラン
ムーミン谷とウィンターワンダーランド(吹替版) - 宮沢りえ(ムーミントロール), 神田沙也加(ナレーション), ヤクブ・ブロンスキ, イーラ・カーペラン



  たまにしか更新しない観光地ブログINDEXへ。
posted by Kaolu T at 16:31| Comment(0) | 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログ検索
たまにしかsitemap.xml